2014年08月22日

Life Journey / Leon Russell

 
image.jpeg

クラプトンが「Me And Mr.Johnson」で渋〜くカバーした「Come On In My Kitchen」を、御大は見事なスワンプロックとして歌い上げます。往年のレオン・ラッセルがそこにいます。
CD1曲目のこれを聞いた瞬間「あ、このアルバム聞いてみたい」と思いました。

2曲目も、アップテンポのスワンプロック。
アルバム全12曲。
そのうち、希代のメロディーメーカー自信の曲は2曲のみ。
その2曲のうちの1曲が、この「Big Lips」

全12曲のうち10曲がカバーで、2曲がオリジナル。その2曲がともにスワンプロック。
大ざっぱに言うと、スワンプロックとジャズのビッグバンドを従えた曲でこのアルバムは構成されています。どちらも、レオン・ラッセルの、それこそLife Journey。
できれば、もっとレオン・ラッセルのオリジナルを聞きたい所ですが、それはこの次のお楽しみ。

エグゼクティブ・プロデューサーにエルトン・ジョンを据え付た・・・というかエルトン・ジョンが仕掛けた企画モノか。レオン・ラッセルをやる気にさせた、見事なアルバムだと思います。

最初聞いたときは、ちょっと複雑でしたが、何度か聞いているうちに、どの曲を聴いても思わず笑みがこぼれるような、そんなアルバムです。
posted by oimizu at 01:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする