2016年03月18日

2016年3月のレコードコンサートに準備した曲

 
3月のお題はAOR。
先月のレコードコンサートでお代が決まったときに、思わず「AORは持ってないなぁ」と言ったらマスターおよび常連さんから驚かれてしまいました。

何年前か。たまたま、山下達郎の「サンデーソングブック」で達郎さんが「そもそもAORなんていうジャンルはないんですよね」と言ってたのでAORは意識しなくて良いんだ、と思っていたのですが、ここでまさかのAOR。

そもそもAORってなんだ、ってネットで調べる所から始めました。
Audio-Oriented Rock: 音を意識したロック、ということですね。若さに任せたごり押しのロックじゃなくて、音を意識したと言うことでしょうか。
Album-Oriented Rock: 「シングルじゃ言いたいことが伝わらない」ってことじゃないとは思いますが、アルバムという単位で勝負した楽曲。YesとかPink Floydの名前が出ていましたが・・・これってAORかな?
Adult-Oriented Rock: ベースになっているのは、ブルー・アイド・ソウルだそうで、この解釈が一番すんなり腑に落ちますね。
さらに、
Adult Contemporary:時代が下がるとAORはACに展開していった、という説もあるようで、、、
ようするに、
ちょっとおしゃれで、楽曲オリエントなロックで、今っぽい感じ?

ということで、選んだのが以下です。

1. Stay With Me / Bobby Caldwell 4:31
 AOR四天王(というのがあれば)の一人。AORの王道でしょう。

2. Dangerous Night / David Crosby 5:57
 今の人がAORやったらどうなるだろう、と思って選んだのがデビッドクロスビー20何年ぶりのソロアルバム。
 ソウルフルで、おしゃれ。
 ただ、「今の人」という表現が正しいかどうか。。。(Crozとても良いアルバムですよ)

3. Wheels Of Fortune / The Doobie Brothers 4:58
 AORのドゥービーと言えば、「Minute by Minute」でずか,マイク・マクドナルドが参加した「Takin' It to the Streets」のオープニングチューン。
 スティーリー・ダン的なおしゃれ感覚と、ドゥービーらしいコーラスが素敵です。

4. For Someone Special / The Doobie Brothers 5:13
 「Takin' It to the Streets」の曲。
 今回リストアップするまでは、僕の中では無印でしたが、ちょっとブルージーで印象的な曲。

5. I'll Write A Song For You / Earth Wind & Fire 5:25
 ブルー・アイドではないソウル/ファンクの大御所。
 「All 'n All」というば宇宙のファンタジーですが、切ない恋後頃(?)を切々と歌い上げたこの曲がおしゃれ。

6. Easy Lover / Phil Collins & Philip Bailey 5:03
 EW&Fをもう一曲と思いましたが、フィリップ・ベイリーのアルバムから。
 フィル・コリンズがプロデュースしているためか、ポップな仕上がりになっています。

7. Steamroller [Live] / James Taylor 5:19
 大ベテランのジェイムス・テイラー。もともとはシンガー・ソング・ライターですが、語りかけるような歌い方に大人のイメージです。

8. Bicycle / Livingston Taylor 3:59
 「ジェイムス・テイラーの弟」という形容句がかならずついて回る、リビングストン。
 アルバム「Bicycle」のタイトルチューン。
 ジャズっぽいアレンジで、おしゃれに歌い上げています。

9. This Masquerade / The Carpenters 4:51
 名曲。
 どれだけの人がカバーしていることか。
 実は、レオン・ラッセルってAORを作り上げていった人の一人なんじゃないかと思います。

10. Young Blood / Norah Jones 3:38
 これも、今の人がAORやったらどうなるか、って選んだ曲。
 ノラ・ジョーンズって、アルバムごとに印象が違いますが、このアルバムはトム・ウェイツも手がけたプロデューサーを迎えた作品。ジャズ・ボーカルのイメージを転向したポップな仕上がりです。

11. Closing Time / Tom Waits 4:22
 ノラもリスペクトするトム・ウェイツの1stアルバムのタイトルチューン。
 インスト曲なのでAORとはちょっと違うかもしれません。

12. A Song For You / Leon Russell 4:09
 やはり、この人を忘れちゃいけない。
 名曲。

今回AORをリストアップして思ったのですが、やはりAORって「あの時代」だから生まれた曲たちなのかもしれません。ロックミュージシャンが「いつまでも、ゴリゴリのブルースやってられないよなぁ」って感じ出し、聞くほうも「いつまでも、ゴリゴリのブルースじゃないよなぁ」と思い出した頃、ミュージシャンとリスナーの方向性が一致して「発見」された楽曲なのではないか、と思いました。
そして、AORができ上がってしまうと・・・また次の新しい楽曲を探す。
こうやって音楽って進化していくものなんでしょうね。
いつの時代も温故知新。
歴史に学ぶことが大切ですね。
posted by oimizu at 15:26 | Comment(5) | TrackBack(0) | 亭主独白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

2016年2月 BACKBEATレコードコンサート 

 
2月のレコードコンサート。
お題は、「冬のボサノバ」とか、「祭りとかなんか」というあいまいなもの。

参加者は、出雲屋さん、黒川さん、伊藤の3名。
ということで、こじんまりとスタートしたわりに、なんでもかけ放題状態となりました。
(注:珍しく、レコードコンサートに参加しないお客さんもいました)

記録に残っている範囲で、リスト作ってみます。

Do You Know the Way to San Jose / Ramsey Lewis
ハロー・スージー / 加山雄三
Spring is Never Here / The Shadows
Soul Bossa Nova / Quincy Jones
Samba Pa Ti / Santana
The Visit (She Wan Here) / The Cyrkle
Catfish / Kenny Rankin
Birembau / Kenny Rankin
One Note Samba / Antonio Carlos Jobim
Desde que o Samba / Antonio Carlos Jobim
Abre Alas / Ivan Lins
別れのサンバ / 長谷川きよし (←おお!! 懐かしい)
Manha de Carnaval / Toots Thielemans
Brazil (Aquarela Do Brazil) / Dionne Warwick
Crickets Sing foe Anamaria / Marcos Valle
One Note Samba / Carol Rogers (ワンノートサンバ、人気!)
Aqua De Beber / Al Jarreau
フェリカダージ / 南佳孝
Givie In / Tina Dico (??)
Ponta de Lanca Africano / Jorge Ben
Tristeza(Goodbye Sadness) / Sergio Mendes & Brasil '66
It Don7t Mean a Thing / Marty Paith

[伊藤のパート]
Clea / 小野リサ
Só Danço Samba (I Only Dance Samba) / Stan Getz & João Gilberto
The Red Blouse / Antônio Carlos Jobim
La Fiesta / Chick Corea
Wave / Antonio Carlos Jobim And Friends

3月のお題はAOR。
困った。
AORって避けてたので、持ってません。
(Fusionというお題だったら、もっと困ります)
さてどうしよう。
次回参加が危ぶまれる。。。15年4月からレコードコンサートに参加して、1年目にして、最大の機器。
どのように対処するのか、請うご期待。(はたして、本当に大丈夫なのか・・・・)
posted by oimizu at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 亭主独白 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする