2008年12月23日

Beautiful as the Moon, Terrible as an Army With Banners

 
お手軽YouTube発掘シリーズは進みます。

HenryCowとの10数年ぶりの再会は、このアルバム。

ある日突然、Henry Cowをもう一度聴いてみようと思って買ったのが2枚組のライブ「Concerts」
いくつかのコンサートからの編集盤です。

そのオープニングがこの曲。

ヘンリーカウは、以前紹介した2ndアルバム「Unrest」発表後に、3人組の知的屈折ポップバンドスラップハッピーと合体します。
1975年にlapp Happy/HENRY COW名義で「Desperate Straights」を発表。
同じ年にスラップハッピーを取り込んだHenry Cow名義で、この曲が含まれた3rdアルバム「In Praise Of Learning」を発表します。
靴下3部作の3枚目にあたる、赤い靴下ジャケットです。

スラップハッピーを取り込んだHenry Cowは、結局女性ボーカリスト、ダグマー・クラウゼを残して、他の2名を解雇。
結局、ダグマーの硬質な歌声をモノにしたかったのでしょうか・・・

しかし、結果的にダグマー・クラウゼという歌姫の加入が功を奏したのでしょうか、Henry Cowの世界がずっとポップ寄りに広がります。
「In Praise Of Learning」聴いていると、プログレというより、ヨーロッパの場末の演劇小屋に掛けられた軽歌劇を聴いているような気分になります。


結局、その後クリス・カトラー、フレッド・フリス、ダグマー・クラウゼはカウを飛び出してArt Bearsを結成します。
Art Bears、未だに聴いていませんが「Winter Song」は是非聴いてみたいアルバムです。


posted by oimizu at 04:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Henry Cow | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

もうすぐ丑年

 
「おいみず亭」でHenry Cowを追いかけたのは、去年の1月ぐらいだったでしょうか・・・

なぜか、またHenry Cowに浸っています。
今日も、繰り返しiPodで聞いていました。


久しぶりに聞き返してうなったのは2ndアルバム「Unrest/不安」。
プログレ界では有名な靴下ジャケットです。

このアルバム、名曲Ruinesで知られていますが、今回耳に引っかかったのは2曲目の「Half Asleep; Half Awake」。
ここの曲で一気にHenry Cowの世界に引きずり込まれ、アルバムラストの「Deluge」では、まるで夢から醒めたような不思議な感覚に襲われます。

このアルバムからは女性のオーボエ奏者Lindsay Cooperが加わります。
クラリネットやバスーンなど、ちょっとロックバンドらしからぬ楽器構成で、独特の音を作り始めています

YouTubeに音を発見したので、パソコンで興味のあるかたは、こちらから・・・

Half Asleep; Half Awake
物憂げなピアノで始まり、管楽器とギターの即興的な絡みたいで曲が展開し、そして再びピアノソロで曲が閉じます。
  


Ruines
「廃棄」と訳すか「遺跡」と訳すかでイメージは違うのですが、ギターとドラムが破壊の限りを尽くした跡地にやって来たちょっと悪戯好きな精霊? 女神? そんなものがフワフワと漂っているようです。
  1/2
  
  2/2
  
posted by oimizu at 03:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | Henry Cow | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする